自動猫トイレがあればクオリティオブライフはウナギ登り

2018年9月21日

猫の写真

(=^・・^=)

猫を飼うということは

我が家には猫が二匹いる。

現実にいる。

現実にいるとはどういうことか。
現実にいるということは、「猫を飼ったら楽しいだろうなウフフ!」と妄想の中で飼っているのとはワケが違う。
妄想の中にいるのではないので、飯を食べたり、ニャーニャーうるさかったり、おしっこしたり、脱糞したりする。

そして、おしっこや糞は臭う。
二匹なので、臭いは二倍・・・どころではない。
二乗である。

猫のトイレは面倒だ。猫がオシッコや糞をするたびにポリ袋に回収し、臭いが漏れないように、口をきつく結ばなくてはいけない。
猫のトイレに掛ける時間、一日二十糞。
失礼、二十分。
そして、猫のおしっこや糞の臭さを思い出して、嫌な気持ちになること、一日二十分。
十年間、猫と一緒に暮らすとなると、ざっくり計算して二十分×365日×10年なので、イコールつまりその時間は無限ともいえる。

クオリティオブライフの視点から行くと、ライフのクオリティは猫と一緒に暮らすことによって30%ぐらいは余裕でアップするだろう。しかし、おしっこと糞のせいで20%マイナスされることにより、実質10%ぐらいのプラスに落ち着いてしまう。
おしっこも糞もなければライフのクオリティが上がるのに!
とお嘆きの方も多いことだろう。

結論から言おう。

「自動猫トイレを買いなさい。」

自動猫トイレについて簡単に説明しておこう。

猫がおしっこや糞をしたときに、絶妙なタイミングでトイレが回転し、おしっこと糞がトイレの下部に移動し、密閉されてしまう装置である。
トイレの砂を捨てたり、定期的に砂を補給するといった手間はあるが、一般的な猫のトイレに比べれば、その手間はわずかだ。
クオリティオブライフを30%上げるために是非とも猫さまと一緒に家に迎えてほしい。

 

我が家で使っている自動猫トイレ・・・の最新版。欲しい・・・。

TIPS クオリティオブライフ
響きがよいのでついつい使いがち。