結婚して子どもが出来たらドラム式洗濯機を買いなさい。でなければ離婚


ドラム式洗濯機が家庭に平和をもたらす

ドラム式洗濯機が家庭に平和をもたらす

子どもが生まれてからの家事分担が辛い

昨年の暮れ、我が家で初となる子どもが生まれた。
妻は朝から晩まで子どもにかかりっきり。
みるみるうちに家の中は荒れ果てた。
重なる洗濯物の山、ホコリだらけのフローリング、台所には積まれたままの洗い物。
妻一人で家事をこなすのは限界のようだ。
そこで、私も率先して家事に協力することになった。

もともと、一人暮らしをしていたころは全部の家事をこなしていたので、苦にもならない
・・・・はずだった。
仕事が忙しくない時期であれば、快く対応できる。が、忙しいときは地獄である。
なんせ、一人暮らしの頃に比べ、全ての処理量が2.3倍!
それでも何とかこなしていくと、コツがつかめて手早く処理できるようになる。
洗い物はまとめてやるのはつらいので、食べた後すぐに洗う。
掃除は気が付いたときに、こまめにクイックルワイパーで文字通りクイックルにゴミを取る。

洗濯は鬼門

しかし、洗濯は効率的にやるのが難しい。
なんせ我が家の洗濯機は乾燥機能が付いていない。
これが致命的である。
洗濯が終わった後を見計らって、時間をおかずに干さなくてはいけない。
もし、時間をおけば臭いがついてしまう。
洗濯が終わるまで外出は出来ない。
また、梅雨の時期は室内で干すので部屋の中に更に湿気が充満する。

ストレス!

朝、出勤前に洗濯をしようとすると、近所への騒音も考え、洗濯機を動かすのは8時以降となる。
8時半には出勤するので干す時間がない。
帰って来てから洗濯するのは大変だ。他の家事もこなさなくてはいけない。
持ち帰った仕事もある。そして、何より室内で干さなくてはいけない・・・。
そんなことを考えていると、自然とイライラすることが増える。
そして、夫婦間での絶え間ない衝突。離婚の危機。

家電を買って危機を回避せよ

そこで、家電を買うことにした。
洗濯が効率的に出来れば、状況は劇的に改善される。
購入を検討した家電は次の3つ。

1.衣類乾燥除湿器

除湿器の強力版。室内干しをする際に使う。三つの中で最も安い。
牛丼換算で100杯程度である。

2.縦型乾燥機付き洗濯機

縦型の乾燥機能付き洗濯機。ドラム式に比べれば安め。
牛丼換算で200杯程度か。もしくは250杯程度か。

3.ドラム式洗濯機(ヒートポンプ式乾燥機能付き)

ヒートポンプ式乾燥機能付きのドラム式洗濯機。
ヒートポンプ式じゃないものも一部存在するが、乾燥機能が劣るため、今回は考慮せず。
高い。牛丼換算で400杯はいけるのではないか?

検討に検討を重ね、さらに検討した結果、3.ドラム式洗濯機(ヒートポンプ式乾燥機能付き)を購入することとした。
清水の舞台から飛び降りたのである。

ドラム式洗濯機(ヒートポンプ式乾燥機能付き)を購入した理由は3つ。

①干して乾かすのが面倒。よって衣類乾燥除湿器はない。

②縦型の洗濯機は乾燥するときに高温(90度ぐらい)になる。冬なら小粋なヒーター代わりだが、夏場は拷問器具と化す。よって縦型乾燥機付き洗濯機はない。

③アメトークの「家電芸人」で麒麟の川島が「ドラム式洗濯機が回転する様子を見ながら酒を飲む」というのに惹かれた。

【結論】ドラム式洗濯機の購入は夫婦を円満にする

以上の顛末でドラム式洗濯機(ヒートポンプ式乾燥機能付き)を購入することとなった。
果たして、その結果どうだったか。

気軽に洗濯ができる&洗濯物が溜まらない

今までは洗濯後にすぐ干す作業をしなくてはいけなかったので、その時間までを考慮して洗濯機を稼働させなくてはいけなかった。
その分、洗濯のハードルは上がり、
ア.自然と洗濯物が溜まる
イ.さらに干す時間を見積もる必要がある
ウ.洗濯できるタイミングがなくなる
エ.エンドレス
という悪循環であった。
しかし、新しい洗濯機では、洗濯から乾燥まで全自動なので、ボタンを押した後、放っておいても全然OKである。
一日でも一週間でも一年でもそのまま取り出さなくてよい。
気軽に洗濯を選択することが可能になり、洗濯物が溜まらなくなり、洗濯機置き場周辺の景色も良くなった。

半端ではない乾燥能力なのに熱くならない不思議

今まで厚手のタオルは、乾かすのに苦労した。室内干しであれば、絶望的である。
それが、新しい洗濯機であれば確実に乾く。今のところ100%乾いている。
なのに、乾燥中、洗濯機が全然熱くならない。
ドライ&クール。
この夏の標語にしたい。

新しい家電の超越した便利さに妻が喜ぶ

以上のように新しい洗濯機は言葉に表しきれないほどのメリットを我が家にもたらした。
当然、私も楽しんで洗濯ができるようになった。
そして、新しい家電には妻も喜んだ。
私は、女性を喜ばせるものがスィートテンダイヤモンドだけではないことを知った。

子どもが生まれたらドラム式洗濯機(ヒートポンプ式乾燥機能付き)を購入せよ。
そうでなければ、離婚である。